May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

第二回木育サミット


木曽川流域協議会の大矢です。
専務理事の青木と参加してまいりました、第二回木育サミット(2015.01.27東京新宿にて開催)について遅ればせながら報告させて頂きます。

木育とは「木に触れ合うことで子供の健やかな成長を促し、自然を大切に考え行動できる人を育てる教育」のことです。
今、この木育が様々な企業や行政とコラボレーションしながら全国各地へと拡がりつつあります。




基調講演:林野庁長官 今井敏氏
OPプレゼンテーション:竹中大工道具館館長 赤尾建藏氏
セッション機С悗咾両譴鯡攬蕾修垢
セッション供Щ勸蕕憧超を木育化する
セッション掘暮らしの場を木育化する

セッションごとに分け、プレゼンテーションとディスカッションを行いコラボレーションの事例を紹介していました。
どの企業や行政もそれぞれの切り口から「木育」を取り入れ、子供たちの未来、日本の森の未来について考え始めています。





当協議会においてはライフスタイルの提案の一つとして「木育」を提案しております。
五感を使って木のおもちゃで遊んだ子供は木の良さを体で知ります。そして、体で覚えたことは大人になっても忘れることは決してありません。
森林大国に生まれた私たちにとって、木の良さを次世代に伝え,使うということは唯一の循環資源である木材を継承していく重要な役割となります。

小さな積み木一つが日本の森林の未来を切り拓くかもしれません。
木育を通じて、木材や森林について一人でも多くの方に考えて頂けたら…と思います。
 

木材需要拡大緊急対策事業への提案

こんにちは。専務理事の青木です。
昨日、林野庁の補正予算の「木材需要拡大緊急対策事業」の中の「木造住宅需要拡大支援事業」に、当協議会として課題提案書を提出いたしました。この支援事業は、「住宅分野における地域材の需要拡大を図るため、工務店・製材業者・素材生産業者の連携による、地域材の活用に係る展示会等の開催、地域材を利用したモデルハウス的な住宅・木材製品の設計・開発、地域材活用キャンペーンの実施、地域材を利用した住宅等の優良事例集の取りまとめ等の取組を支援します」とあり、まさに当協議会の目的・趣旨に合致すると考え、短い作成期間ではありましたが、当協議会事務局である木と住まい研究協会のメンバーと打ち合わせを重ねて作成し提出しました。採択発表は2月中旬から下旬とのことですが、無事採択されることを祈念致します。

理事会開催

こんにちは。専務理事の青木です。
1月9日に木曽川流域木と水の循環システム協議会の理事会を有馬代表理事にお越し頂き開催いたしました。そこで昨年の活動報告と今年の事業計画を話し合いました。
現在会員数は81社(団体の賛助会員、個人特別会員含む)となっておりますが、木曽川流域材の需要創造に向けて工務店会員様の増強を行っていきます。

また今年は、BtoB向けの活動に加えて、エンドユーザーの方への協議会活動を強化していくことを基本方針としていきます。具体的には、家づくりの「商品」として木曽川流域材を活用した家づくりトータルパッケージ商品の開発を行い、会員工務店様が自信をもってお勧めすることができる長期優良住宅や認定低炭素住宅、ゼロエネルギー住宅などに対応した住宅商品の開発とサポートを進めていきます。昨年末12月24日に協議会主催で開催した国土交通省の地域型住宅グリーン化事業の説明会でもお話しましたが、グリーン化事業も活用しながら「木曽川流域の家づくり」のパッケージ商品化を進めていきます。

また昨年好評だった木曽川流域体感ツアーについても会員工務店様から要望の多いエンドユーザー向けのツアー実施をしていくことを決めました。5月29日(金)に予定している定期総会後の第7回木曽川流域体感ツアー2015夏から企画実行していきたいと思います。

今年の定期総会は5月29日(金)に行うこと、第5回木曽川流域体感ツアー2015冬を2月27日(金)に下呂方面にて行うことを決定しました。早急に企画を行いご案内させて頂きますので、多くの方のご参加をお待ちしております。

今年の協議会の活動について

明けましておめでとうございます。専務理事の青木です。今年もよろしくお願い申し上げます。
昨年は9月27日に木曽川流域の母なる山である木曽の御嶽山が噴火し多くの尊い人命が失われました。改めて御嶽山災害でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます。
我々も一昨年夏の協議会設立直後に登山し、今後の協議会の発展祈願を行いましたが、流域住民に自然の恵みをもたらし続けてくれる御嶽山が突然噴火するとは夢にも思いませんでした。また広島の土砂災害など決して他人事とは思えない自然災害が多発しました。自然の恵みなどと呼んで人間にとっての便益を「機能」とするならば、自然の「作用」を痛感した1年であった思います。協議会活動の中で自然の両面を理解していき、流域環境をよりよくしていくための活動を肝に銘じていきます。

さて、昨年は、木曽川流域体感ツアーを4回開催し延べ400名程のご参加を頂きました。また6月末にポートメッセなごやで開催した住まいの耐震博覧会に後援し、第二号館の「木と住まいのパビリオン」で大々的に活動PRを行い35000名以上の来場者に木曽川流域活動のPRを行うことができました。
これらの活動により「流域思考」による「流域材」というコンセプトの認知が高まった一年であったと思います。

協議会で行うイベントは、木曽川流域の生産者を訪問研修する「木曽川流域体感ツアー」、流域産品を中心とした衣食住の提案型イベントである「木曽川流域感謝祭」、年一回の協議会活動の集大成の発表の場でありエンドユーザー向けの住宅需要創造イベントである「住まいの耐震博覧会」の3つカテゴリーを実行していくこととなっておりますが、昨年は木曽川流域感謝祭を行うことができませんでした。今年は2月7日(土)にナイス蠑牧市場で開催する「木曽川流域暮らしのマルシェ」を開催し、体感ツアーや耐震博覧会と合わせてイベント効果が体感できるようにしていきたいと考えております。会員の皆様のご支援、ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

餅つき大会

12月21日日曜日に、協議会会員の安水建設様にて恒例の餅つき大会がありました。
http://www.ansui.com/

つきたての餅はすごくおいしく大盛況!!!


はしづくり体験も大人気。
正プラスさんのアロマオイルもたくさんの方に手をとってもらい、
問いあわせいただきました。

シーズン真っ盛りのペレットストーブの豊臣工業様も出展!!!
当日の寒さもふっとばす暖かさと優しい火の揺らぎに人が集まり
熱心に説明を聞かれていました。

 

第四回木曽川流域体感ツアー開催

11/26(水) 第四回木曽川流域体感ツアーを開催いたしました。

今回の舞台は犬山犬
木曽川流域材の運材の歴史における、筏の中継地点という重要なスポット
犬山城は小牧長久手の戦いで秀吉が入城するなど歴史的にも大きく動いた場所です

ツアーの工程をざっくりご紹介

東京大学の蔵治先生の森林の持つ多面的機能と、
森と人間の歴史の興味深い貴重な講義を聞いて聞き耳を立てる

東大研究林を歩きジョギング

犬山名物田楽定食を食べおでん

国宝犬山城チャペル

国宝茶室如庵もみじを見学いたしました。

ツアー参加していただいたお客様、関係者の方々、
本当にありがとうございました。

またブログにて本日公演していただいた蔵治先生の書籍など、
紹介させていただきたいと思います。
この読書の秋の夜長に、緑のダムについて理解を深めてみてはどうでしょう??



 

住宅産業・住宅エコポイント復活か?

消費税の駆け込みの反動で14年度新築住宅着工数は前年同期比11.6%減
消費税延期、低迷する住宅投資を下支えとして住宅エコポイントを再開検討に入った。
新築と住宅の断熱性能を高めるリフォーム対象、省エネの促進もからめる。
14年度補正予算案へ・・・・happy01
 

木育 からからつみき 岐阜県羽島市イベントにて


木育
「気に触れ合うことで子供の健やかな成長を促し、自然を大切に考え行動できる人を育てる教育のこと。」


皆様、こんにちは。木曽川流域協議会の大矢です。


住まいの耐震博覧会においても大盛況かつ印象的だった木育コーナーですが、
今回は11月8日と9日に行われました岐阜県羽島市でのイベントにも木育コーナーを設けさせていただきました。

木育コーナーの主役である「からからつみき」は全て宮崎県産の杉で作られた積み木で、宮崎県のブーフーウー様から
貸し出しして頂きました。

子供から大人まで遊べるシンプルな積み木なので、ご家族全員で遊んでる姿も多かったです。






子供たち、一人一人がそれぞれの遊び方をしていることが印象的で、様々な作品ができていました。
そんな作品の一部を紹介、、、







からからつみきは無料(送料のみ負担)で貸し出ししていただくことができますのでイベント等で、
ご興味のある方は是非HPをご覧になってください!!

からからつみき http://www.miyazaki-karakara.com/
 

第4回 木曽川流域体感ツアー 開催日決定

皆様、長らくご無沙汰しております


御嶽山噴火から早1ヵ月以上が経過しました。
この度の噴火の被害に遭われた方には謹んでお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられた方、そのご家族・ご友人の方には心よりお悔やみ申し上げます。



さて、次回で第4回目となります木曽川流域体感ツアーの開催日が正式に決定しました!

第4回ツアー開催日は、11月26日(水)!愛知県・犬山市が舞台です。

前回までのような、上流域の製材工場様を中心とした体感ツアーとは少し趣向が変わり、
下流域と木曽川流域材のつながりについて、犬山城や犬山の町並み、東京大学研修林の見学等を通じて体感して頂きます。
また、東京大学生態水文学研究所の蔵治所長をお招きして、森林の持つ多面的機能について講演を頂く予定です。
詳細が決まり次第、随時情報をアップしていきたいと思います。




次回も上流域のツアーご期待されていた皆様、申し訳ありません!
しかし、きっと今回も満足いただけるツアーになるはずです!

今回は先着40名様までのご参加とさせて頂きますので、お早目の申し込みをよろしくお願い致しますm(_ _)m
 

コンパクトハウス楽想庵(がくそうあん)、上棟です!

木曽川流域協議会の吉井です。

今日は、以前ご紹介した、「楽想庵(がくそうあん)」の実物が、
愛知県半田市に上棟しましたので、その様子をご案内いたします。
木曽川流域「楽想庵」上棟

当日は晴天に恵まれ、
楽想庵(がくそうあん)を企画したプロジェクトメンバーの皆様が見守る中、
スピーディーに、的確に建築が行われました。
木曽川流域材「楽想庵」上棟
デザインも前衛的で、格好よい感じになりました!!
このコンパクトハウス「楽想庵(がくそうあん)」は、
骨組み軸材に木曽川流域材を使用しています。
木曽川流域材「楽想庵」上棟
木造トラス工法という、大規模建築物に用いられる強力な構造体を
採用しているだけでなく、分解して移設も可能なコンパクトハウス、
というコンセプトで設計されています。

建築に携わるプロ集団10社のプロジェクトメンバーさんが
力をあわせて作り上げました。

皆様も、お庭や遊閑地に、自分の趣味を楽しむコンパクトハウスが
欲しくなったら、是非一度「楽想庵(がくそうあん)」のHPをチェックしてみてくださいグッド

見る楽想庵(がくそうあん)が木になる方は左斜め下
http://gakusouan.jp/

見る木曽川流域が木になる方は左斜め下
http://kiso-linetopia.com/

チェックよろしくお願いします嬉しい
<<back|<1234567>|next>>
pagetop