May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

住宅産業・住宅エコポイント復活か?

消費税の駆け込みの反動で14年度新築住宅着工数は前年同期比11.6%減
消費税延期、低迷する住宅投資を下支えとして住宅エコポイントを再開検討に入った。
新築と住宅の断熱性能を高めるリフォーム対象、省エネの促進もからめる。
14年度補正予算案へ・・・・happy01
 

水舟

耐震博覧会「木と住まいのパビリオン」のインスタレーションゾーンで使う予定の『水舟』の画像が届きました。


『水舟』は郡上八幡などの上・中・下段の3段式水舟が有名ですが、今回は東白川村産の地松を使った自然形の水舟を展示します。
長さ6mの松丸太から末口直径40cm程3mと46cm程の2mの2本の水舟を展示する予定です(上記写真は2mの太い方)
なぜ水舟の樹種が松なのか?
松は水に常時つけてある環境であればかえって耐久性が高いという理由だそうです。そういえば丸ビルの杭も松でした。
杉や桧ではなく、松なんだそうです。もっとも個人的には赤身の耐久性が抜群に高くリーズナブルな飫肥杉の大径材でも試したい!と思いますが。
素適なお庭にちょっと個性的な水舟はいかがでしょうか?会場入口の水舟必見です。
 

木曽川流域の日本酒

こんにちは。
木曽川流域にはたくさんの日本酒の醸造元があります。
木曽川の水は昭和の日本名水百選にも選ばれた程、大都市の水道水としてはおいしいとされていますが、
豊富でおいしい水を使った酒造りも盛んです。
上流・中流だけでなく、下流域の濃尾平野でも木曽川の伏流水を使用した造り酒屋がたくさんあります。
地元のお米、麹、水を使った地域の日本酒は、お祭り等のイベントで使われることも多く、まさに「地域の象徴」的存在といえます。
和食が世界遺産になってから日本酒への注目が高まっているようですが、私も最近、木曽川流域の造り酒屋の酒を選んで飲むようにしています。
冷でも燗でも、料理の味を引き立てる日本酒の魅力にはまっています。

5月17日に開催した『第二回木曽川流域体感ツアー』では下呂市金山の奥飛騨酒造の見学を行いました。

ご主人によると、奥飛騨酒造さんは飛騨川の地下水を利用しているようですが、中硬水という特長があり、それが酒の味に大きな影響を与えているようです。

今回の耐震博覧会『木と住まいのパビリオン』の木曽川流域ReBORNスタイルゾーンの木曽川流域マルシェコーナーでは、酒販卸の坂田酒販さんの協力の下、木曽川流域の日本酒を集めた特設展示を行う予定です。

会場では、『木』だけでなく、様々な木曽川流域の自然の恵みの魅力を見つけてくださいね!
 

ローゼルティーを飲んでみませんか?

耐震博の森カフェメニューのご紹介ですムード

ローゼルってご存知ですか?
あまり聞いたことのない名前かと思います。。。。

ですが!
実はすごいハーブなんですラッキー
鉄分はほうれん草の2倍、カルシウムはほうれん草の7.3倍!
カロテン・ミネラル・ポリフェノール・ビタミンC・ビタミンEたっぷりで、高い抗酸化力と栄養で美容健康のハーブとして今注目を集めているんですぴかぴかぴかぴかぴかぴか

そんなローゼルジュースがナイスの森カフェに登場くるりんくるりんくるりんくるりんチョキ
ビラージュカフェ・アノウの農園で無農薬で育てたスペシャルローゼルジュースを味わえるのはナイスの森カフェだけですぴかぴかぴかぴか

ちょっと夏バテしちゃいそう、、、な今の季節にぴったり!!
皆さんナイスの森カフェでデトックスしませんかウィンク

6/28、6/29 ポートメッセ名古屋 第2展示館 木と住まいのパビリオンにて森カフェオープン!
皆様のお越しをお待ちしておりまするんるん
限定品なのでお早めにどうぞ!


 

木と住まいのパビリオン会場MAP

こんにちは。耐震博覧会の「木と住まいのパビリオン」の最新会場MAPができました!
当協議会が目指す木のカスケード利用、ウッドスタートからウッドエンドまで森や木の恵みの生活への取り入れ方、実際に家づくりに木曽川流域材を取り入れるヒント・情報が満載です。
会場で是非お待ちしています!
12>|next>>
pagetop